FC2ブログ
モード・エ・バロックについて
〒106-0032
東京都港区六本木7-16-5 戸田ビル2階
Tel: 03-3408-4447

PCサイト: http://www.baroque.to/

携帯サイト: http://www.baroque.to/mobile/

E-mail: info@baroque.to
ブログについて
mode et Baroque のハイブリッドでカオスでハッピーな日常をお届けするハイブリッドでカオスでハッピーなブログ♡ キュートでハイパーなバロックちゃん達の日常をどうぞ。

過去のColumnはこちら→
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
☆☆虫歯を削られる苦痛について☆☆
歯医者さん。

怖いですよね~。

キュイ~ンって歯削る音聞くだけで、こめかみのあたりがクラクラしてきますよね~。

小さい頃から歯並びガタガタで何かと歯医者に通い詰めていたわたしは、

小学校高学年辺りから治療中にふと思いついたのです。

『痛い痛い痛い!!ちょ、無理無理無理!!…でも、待てよ。この痛さって日常生活では絶対味わえないよね?かなりレアな痛みなんじゃなかろうか。…あーッ!!今の痛い!!頼みますよ~先生!!…うん、でもこのレアな痛みが快感になったら、あたしは人間と言う存在から解脱できるのではなかろうか…』

なんて、歯削られながら脳内で考えているうちに、「純ちゃんはほんとに我慢強い子だね~!」とまで、先生に言わしめるようになってしまいました。

あまりにも耐えがたい痛みや苦痛を感じざるを得ない時、わたしはあえてそれを快感、もしくはこの上ない非日常体験だと思い込むことによって、発狂しそうなまでの恐怖を抑え込んでいるのであります。

とはいえ、バロックではM女でも女王様でもなく、"単なる変態女"というポジションで所属しているのでそこんとこよろしくネっ!


そんな純ちゃん、ここ2ヶ月で親知らず2本抜きました。

こちらが4月に抜いた親知らずさん。肉片が実に生々しい。


ほんでこちらが先月抜いた親知らずさん。地味な歯ですね。


でもやっぱりね、虫歯削られたりするのは痛いだけであって、決して快感には変わらないよなと思う純でした。

Home |